森林破壊

ブラジル大統領の暴挙によりブラジル熱帯雨林の破壊が加速しております。
SharedScreenshot_001 (1).jpg<アマゾン森林火災は「国内問題」 ブラジル大統領が国連で反発 - BBCニュース/https://is.gd/m9XTdB

森林火災と呼称されていますが、意図して燃やしているのですから火災ではなく放火であり破壊です。森を燃やして何をするのかと言えば畑にして大豆を植えるわけです。いわゆる焼き畑ですね。ブラジル大統領がこれほど強気なのは買い手がいるからであって、買い手とはすなわち支那であり「貴国の大豆はうちで全部買います」みたいなオファーが既にあるのかもしれません。もちろん賄賂付きで。そうでもなければあそこまでやらないだろう。

そして問題はその大豆自体にある。北米における大豆作付け面積の90%以上は遺伝子組み換え大豆なのですからブラジルで生産されている大豆も当然そうでしょう。つまり旧モンサント<モンサント (企業) - Wikipedia/https://is.gd/pbpCcS>が担っている。
遺伝子組み換え作物の問題は健康懸念以前に自然界に自然ではない生態を放出してしまっていいのかという未知の問題と、はっきりしているのは単一品種の危険性です。遺伝子組み換え作物とて万能ではないのだからいつかそれをやつける病原菌なりが現れるでしょう。そうなれば一夜にして死滅してしまうかもしれず食糧危機の引き金を引きかねない。
mp4.00_21_03_12.Still001.jpg<PSYCHO-PASS サイコパス20話より>

今年、モンサントはドイツのバイエルに買収されその一部門になりました。近年、ドイツは支那に朝貢していることから、そこらへんもブラジル大統領の強気と何か関係しているのだろう。モンサントが米国資本のままであったのなら、ブラジル農業が米国農家に損害を与える可能性が出た段階でモンサントの種子を輸出禁止にしてしまうこともできたでしょうから。
SharedScreenshot_003.jpg<モンサント違法情報収集問題、EU7カ国でリスト入手 バイエル発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News/https://is.gd/W0rrmR

遺伝子組み換えとはもちろん違いますが、平成5年(1993)我が国における冷夏で一時的に米不足がおきました。当時コシヒカリと人気を二分していたササニシキが寒さに弱かったため育たなかったのが原因です。交配により品種改良された自然作物でさえ気候変動で大打撃を受けてしまうのだから、コピーにより大量複製された単一品種作物に頼るのは危険過ぎる。

我が国においては平成5年の米不足問題を戒めとして品種改良が加速、北海道を米生産量の一大拠点にしてしまうという偉業を我が国農業生産者が成し遂げるわけで、本当に我が国の品種改良技術をちゃんと適正利潤を上げて世界に広めていったらと思います。

樹木は昼間二酸化炭素を吸って夜吐き出すので森林が二酸化炭素を吸収するわけではなく地球温暖化には関係ないと武田邦彦教授は言っておりますが、二酸化炭素が“地球温暖化”の原因だと確定しているのならその部分に関してはそうなのでしょう。しかし森林破壊の罪はそこではありません。森をなくせば大地の保湿と保温が奪われてしまうということこそが問題なのです。
衛星写真をみれば北アフリカから中東の茶色地帯に雲がないことがわかります。
SharedScreenshot_002 (1).jpg<Google Earthより>

つまり、砂漠だから雲がないのではなく、森林を破壊してしまったから雲がかからなくなり砂漠化したのだと容易に想像がつきます。古代エジプトが砂の上で繁栄していたわけではないことは残された壁画をみれば一目瞭然。何千年も戦争をし続けてきた結果、あのへんの一帯が茶色になった。大陸の戦争は陸路で敵が攻めてくるので障害物を焼き払って見晴らしを良くするところから始まります。その結果が砂漠化
そして何より、森で育まれた養分が植物系プランクトンの栄養となり、その植物系プランクトンを動物系プランクトンが食べ、その動物系プランクトンを小魚が餌として…と、いったことで森は食物連鎖の原点といってよく、森が死ねば川が死に川が死ねばいずれ海も死んでしまう。たぶん、流民や移民、戦争で奪い取った土地に移り住んだ侵略者で構成されている国の人間は環境問題を遺伝子レベルで理解していないのだ。

食糧危機といえば、最近、未来に予測される食糧危機を救うのは昆虫食だといった記事をちらほら目にします。ほんと、冗談はやめてくれ。アフリカや南米奥地の原住民が昆虫を生食していたりしますが、彼らは恐らく8万年ぐらい変わらない生活習慣を続けていてそれを消化できる酵素でも身につけているのでしょう。我が国でも信州など一部地域や関東でもイナゴの佃煮で昆虫を食べますが、これは、ま、何かの余興であろう。
ともあれ、私は昆虫、爬虫類及び両生類は人間が食べるものではないと思っています。昆虫はそれを食べて育った鳥などの動物を我々が食べるべきであって、昆虫を我々が食べてもエネルギーにできるとは思えないし、爬虫類を食べるのは爬虫類だけなのだから我々哺乳動物が食べるべきではないということです。
そもそも、例えばコウロギを食べた女とキスする気になるでしょうか?私は絶対に無理です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント