あれやらこれやらの備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows98 Second Editionを新規インストール

<<   作成日時 : 2019/01/28 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

Gigazin<https://is.gd/P4LwWQ>の記事を見つけてしまって私もwindows98をインストールしたくなったので、隠居しているIBM Thinkpad X31<2672PHJ>にwindows98をインストールしてみることにした。インストール後はwindows98seにアップグレードします。windows98seはwindows9xシリーズの完成版で非常に安定しており優れたOSです。
Thinkpad X31は15年ぐらい前のやつでwindowsXPプリインストールマシンですが、仕様にwindows98対応とあるのでマシン的には問題ありません。インターフェイスはUSBポートが2つ。他にPCカードスロットとIEEEがありますがこちらはOSのインストールに使用するには難儀するので使えません。
幸いいつ購入したかも忘れてしまった外付けUSB接続のDVDドライブ<Iodata DRV-UEH12W>とUSBフロッピーディスクドライブ<logitec LFD-31U2>を保管してありますので、後はこれらのDOSドライバをネットから拾ってくればwindows98のインストール作業に入れます。
USBフロッピーディスクはBiosで認識して起動するよう仕様になっていたのでそのまま使えませ。DVDドライブはwindows98にも同然DOSにも対応していないものなのですがたいがいは何とかなるもので、このサイト<Useful Dos Files/https://is.gd/6VkDxD>から矢印のドライバに当たりをつけ試してみた。
画像

画像

画像


ちなみにdi1000dd_sysはUSB接続機器を検索してマウントしてくれる優れものののドライバ。これは知っていた
windows98の起動ディスクをコピーして以下のようにconfig及びautoexecを書き換えて電源ON。あっさりとDVDドライブが認識されてセットアップに進めました。
画像

<windows98 セットアップ起動ディスク CONFIG.SYS>
画像

<windows98 セットアップ起動ディスク AUTOEXEC.BAT>

ここでのお約束はファンクションキーの<F3><F3>と連打して一旦セットアップを中止してコマンドプロントに移り手動<fdisk>でパーティションを作成してフォーマットした後、セットアップディスクの必要箇所<win98フォルダ>をハードディスクにコピーすることです。そうしないとセットアップが進んでシステムが16bitから32bitに切り替わった段階でDVDドライブを認識できなくなり(32bitのデバイスドライバが組み込まれていないので)セットアップを正常に終えられません。
画像

<windows98 セットアップへようこそ>

<win98>フォルダを<copy>した後、そのフォルダに移動して<setup>を実行してセットアップ再開。
画像

画像


無事インストールが終了しました。
画像

<windows98 インストール完了>

ただ、この段階ではフロッピー、DVDドライブ、USBポートやもちろんLANも32bitデバイスドライバがないので使えず、いわば素っ裸の状態。他のPCでネットからドライバを拾ってこなければいけません。
ThinkpadのようなメジャーブランドのPCなら機器本体のドライバ&ソフトウェアは必ずどこかにアーカイブされていますからこれらはすぐに見つかりダウンロードできます。
画像


素っ裸のPCにドライバを組み込む唯一の方法は必要なドライバ&ソフトウェアをCDに焼いて起動ディスクから起動。DOSに移ってPCに全てコピーしたらwindowsを立ち上げPC本体からインストールを実行すればOK。
なんですが、このままwindows98seにアップグレードしますので再び起動ディスクからDOSに入ってwindows98seのセットアップフォルダーをハードディスクにコピーしてからwindows98を立ち上げ、windows98からsetupを実行します。
windows98seのインストールを終えた後、ドライバ&ソフトウェアをインストールするわけですが、チップセットから初めないとおかしくなります。一通りインストールを終えても周辺機器が使えない状況に変わりありませんので、次はフロッピーディスク、DVDドライブ等のデバイスドライバを検索します。ここでありがたいのがこのサイト<Windows 98SE USB Mass Storage Device Drivers/https://is.gd/1q2kOK>
本来、windows98は機器ごとにデバイスドライバを組み込まれなければいけなかったのですがこれ<nusb33j_exe>をインストールすればほとんどのUSB機器を認識してくれます。USBフロッピーディスクのドライバはlogitecのサイトに普通に置いてありました。
と、いうことでwindows98seのインストール完了。とりあえず必要なソフトウェアを入れてようやく一息。
ちょっと手間取ったのはinternet Explorerのアップデート。IE自体はどっちみち使い物にならないのですが、IEを5.01以上にしないと.net framework(2.0)がインストールできない。で、ちゃんとオフラインでインストールできるやつが、なかなかネットに落ちてなくて最終的にこちら様<黒翼猫/http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/>を利用させて頂きました。ありがとうございます
画像

<windows98se デスクトップ>
windows98は骨粗鬆症みたいなOSで何かの拍子に突然壊れますのでバックアップは欠かせません。手持ちのDrive Image2002を使ってしっかりバックアップをしておきます。
画像

次はシステムコマンダー8というOS切替ソフトを使ってこのPCにwindows2000をインストールする予定。元々windowsXPプリインストールモデルでwindowsXPはwindows2000の完成形ですからwindows2000にできてwindowsXPにできない事はないので再びwindowsXPを入れればいいのですがそれでは面白くありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
中井精也
秋谷綾乃
2019/03/22 18:45
千歳ひとみ
Windows 98
2019/03/22 18:46
Windows 98
平井麗奈
2019/03/22 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows98 Second Editionを新規インストール あれやらこれやらの備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる